読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年事件と無罪

 「せんせー」

 街中を歩いていると、ずいぶん若い、しかし見覚えのある子に呼び止められました。

 「覚えてないんですかー?」

 

 ・・・・・・思い出した。

 かれこれもう何年も前、事件を担当したある少年だった。

 10代の子の成長は早い。すっかり大人びていた。

 

 その子の事件は、いろいろ活動した結果、無事、不処分(成人の刑事事件でいう無罪)で終わった。

 その「いろいろ」が一気によみがえってきた。

 

 「自分はやっていない」と言ったときのまっすぐなまなざし

 めちゃくちゃ寒い日に言った現場検証

 事務所で何度も何度も行った打ち合わせた

 疲れ果てた少年が「自分がやったっていえば全部終わるんですか?」と投げやりになり、それをなだめたこと

 不処分の審判が終わった後、満面の笑みで握手したこと・・・

 

 

 弁護士として、全部の事件がうまくいくなんて保証はない。

 

 けれど、頑張らなきゃうまくいかない

 

 不処分というのは、ただ事件解決のみならず、少年自身の人生のために、誇りのためになるんだ

 

 そんな当たり前のことを学んだ事件でした。

 

 

・7月30日(土)「弁護士による家庭と仕事の無料相談会」予約受付中

詳細はHPまで

宮崎の法律問題でお悩みの方 宮崎|県庁近く フェニックス宮崎法律事務所をよろしく お願いします! http://hayami-lawoffice.com

広告を非表示にする